PR

地方 地方

あおり運転で暴行罪初適用 群馬

Messenger

 前方を走向中の乗用車に故意に追突したとして、県警は16日、暴行と器物損壊容疑で吉岡町漆原の無職、山口広明容疑者(48)を逮捕した。

 暴行罪を適用したあおり運転の摘発は県内初。「前の車が低速だったのであおったが、わざとぶつけたわけではない」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は昨年12月15日午後4時すぎ、藤岡市内の県道で乗用車を運転していて、前方の熊谷市の男性会社員(59)の乗用車に2回追突、後部バンパーなどを損壊(損害額計約75万円)させたとしている。

 1月に被害男性が藤岡署に被害届を提出し、発覚した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ