産経ニュース

「踏み間違い事故なくす」 “オール川口”で防止装置を製品化

地方 地方

記事詳細

更新


「踏み間違い事故なくす」 “オール川口”で防止装置を製品化

「STOPペダル」を実演する大熊さん=川口市 「STOPペダル」を実演する大熊さん=川口市

 価格は9万9800円で自動車への設置費は2万円。「生活の足として欠かせない地方の高齢者を考えると、これ以上、価格を上げることはできなかった」という大熊さん。現在は別の仕組みでアクセルとブレーキの踏み間違いを防止する装置が約20万円で販売されており、「価格はもちろん、内容も負けていない」と胸を張る。

 STPOペダルは軽自動車からトラックまでどんな車にも取り付けることができる。ただ、車種によって大きさが変わるため、販売当初は20車種程度となる見通しで、年内には100車種程度まで増やす方針だ。

 大熊さんは「踏み間違いによる事故は高齢者に多いが、若い20代でも発生している。誰でも起こしてしまいかねない事故で、製品化を通じて踏み間違い事故を一日も早くなくしたい」と話している。(大楽和範)