PR

地方 地方

神奈川県動物保護センター、昨年度の殺処分ゼロ 犬5年、猫は4年連続

Messenger

 県は、平成29年度に県動物保護センター(平塚市)に収容された犬と猫の殺処分がゼロだったと発表した。犬は25年度から5年連続、猫は26年度から4年連続で殺処分がなかった。

 同センターは横浜市、川崎市、横須賀市を除く県内市町村から犬422匹、猫496匹を保護。そのうちボランティアに引き取られたり、譲渡会を通じて引き取られたりした犬は220匹、猫は455匹、飼い主に返還された犬は204匹、猫は1匹だった。引き取り手がいなかった犬は33匹、猫は51匹で、センターで保護中に死んだ犬は9匹、猫は31匹だった。

 黒岩祐治知事は「ボランティアと連携して、引き続き元の飼い主への返還や、新たな飼い主への譲渡を積極的に進める」と語った。

 また県は4月、保護されたペットの治療やしつけを行うため、「かながわペットのいのち基金」を創設。「ボランティアの力になれるような、お金の流れをしっかり作っていきたい」(黒岩知事)としている。寄付はふるさと納税や口座振り込み、募金箱などを通じて行う。問い合わせは県生活衛生課(電)045・210・4947。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ