PR

地方 地方

ビジネス・文化で協力を 茨城

Messenger

 大井川和彦知事は15日、県庁でムーサウィー駐日イラク大使の表敬訪問を受け、協力関係の構築を呼びかけた。一方、水戸市の高橋靖市長も同日、地元出身のお笑いコンビと面会し、「茨城愛」のPRに協力した。(丸山将、上村茉由)

                   ◇

 ◆駐日イラク大使が大井川知事を表敬

 大井川知事はムーサウィー大使と握手を交わした後、英語で歓談。先月11日に着任したばかりのムーサウィー大使は「47都道府県を訪れる予定だ」と話し、「イラクと茨城は似ている点が多い」と最初の訪問地に茨城を選んだ理由を明かした。

 大井川知事は「ビジネスや文化の面で互いに協力していきたい」と呼びかけ、友好の証しとして、国指定の伝統的工芸品「笠間焼」のコーヒーカップをプレゼントした。

 ムーサウィー大使は表敬訪問に先立ち、水戸市の名所、偕楽園に足を運んだ。また訪問後は、つくば市を訪ね、筑波大付属病院や高エネルギー加速器研究機構を視察した。

                   ◇

 ◆市長に地元愛をPR 水戸にゆかり「すいたんすいこう」

 高橋市長を訪ねたのは、水戸市ゆかりのお笑いコンビ「すいたんすいこう」。2人は6月16日に開催する音楽イベント「THE 茨城愛」をアピールした。

 すいたんすいこうは平成23年結成。コンビ名は、黒沢正徳さん(36)が水戸短大付属高(現水戸啓明高)、鈴木賢治さん(31)が水戸工高の出身であることに由来する。

 イベントでは県内出身のアーティストら5組が集結。2人もトークやネタでステージを盛り上げる。鈴木さんは「『茨城愛』がたっぷり詰まっている。存分に楽しんでほしい」と呼びかけた。

 会場は県立県民文化センター(同市千波町)小ホールで、午後0時50分開演。チケットは前売り3千円、当日3500円。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ