PR

地方 地方

善光寺大勧進貫主に滝口宥誠氏 「協調と協和」を訴え

Messenger

 滝口氏は、平成14年6月に大勧進の副住職となり、小松氏が解任されたのを受け、特命住職に就いた。その手腕に対する期待は小さくない。

 「善光寺の信仰を発展させ、自分に与えられた時間の中で少しでも世のため人のためになるように努力する」

 思い通りに成就するか、その行方はなお流動的だ。

                   ◇

 会見では、大勧進の春日英広筆頭総代が滝口氏の貫主就任を発表し、今月25日に大津市で行われる辞令交付式に臨むことも報告された。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ