産経ニュース

金井氏が長野知事選出馬表明 「県民不在」と現県政批判

地方 地方

記事詳細

更新


金井氏が長野知事選出馬表明 「県民不在」と現県政批判

 任期満了に伴い実施される知事選(7月19日告示、8月5日投開票)をめぐり、新人で元上田市議の金井忠一氏(67)が15日、長野市で記者会見を開き、無所属で立候補する考えを表明した。現職で3選を目指す阿部守一知事(57)が9日に出馬表明しており、選挙戦は一騎打ちの構図になりそうだ。

 金井氏は上田市出身で、県上田東高校卒業。昭和45年に同市職員になり、平成7年に同市議に初当選し、通算5期19年間務めた。この間、26年と30年の同市長選に立候補し、いずれも落選している。

 金井氏は会見で、阿部県政について「リニア建設事業の推進や県立武道館の建設など大型事業優先で、県民不在の翼賛態勢になっている」と批判。その上で、県民の生命と暮らしを優先し、県民の声が届く県政に転換すると強調し、公約の柱に据えると述べた。

 金井氏は、共産党県委員会や県労連などでつくる「明るい県政をつくる県民の会」からの出馬要請を踏まえ決断した。同委員会は近く、金井氏と政策協定を結んだ上で推薦を決定する見込みだ。