PR

地方 地方

群馬・南牧村議がひき逃げ 議長に辞職届を提出

Messenger

 南牧村の工藤健司村議(77)がひき逃げをし、中沢幹男議長に辞職届を提出していたことが14日、分かった。中沢議長は18日の村議会運営委員会で報告し、辞職を許可する方針だ。

 富岡署などは14日、自動車運転処罰法違反(過失致傷)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、工藤村議を前橋地検高崎支部に書類送検した。調べに対し、工藤村議は「パニックになって逃げた」と供述している。

 書類送検容疑は4月15日午後5時ごろ、下仁田町大桑原の県道でワゴン車を運転、榛東村の女性会社員(34)の軽乗用車に追突し、女性と、同乗していた夫(35)に首などを打つ軽傷を負わせ、救護せず逃走したとしている。

 その後、工藤村議は現場から約350メートル先で車を止めた。車には妻(74)も同乗していた。居眠り運転をして追突事故を起こしたという。

 工藤村議は現在3期目。平成27年10月から昨年9月まで議長を務めた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ