PR

地方 地方

中宮寺跡が史跡公園に 斑鳩町で整備完了し竣工式

Messenger

 斑鳩町の中宮寺跡(国史跡)で史跡公園として整備が完了したことを受け、竣工式が13日行われた。

 中宮寺は17世紀初めに現在の場所へ移ったと考えられており、創建の場所である中宮寺跡は、飛鳥時代の貴重な寺院遺跡として平成2年に国史跡に指定された。

 整備は25~29年度に約2・8ヘクタールで約3億5千万円かけて行われた。金堂と三重塔の基壇には自然石の礎石で位置を表示。スロープを設置するなどバリアフリーにも配慮した。また、法隆寺、法起寺、法輪寺の塔を見ることができる場所に休憩所を設置するなどした。

 中宮寺の日野西光尊門跡は「千秋の思いでこの日を待ちました。飛鳥時代の方々が雅に過ごした姿が想像できます」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ