PR

地方 地方

多賀城市長選に石塚氏が出馬表明

Messenger

 任期満了に伴う多賀城市長選(7月29日告示、8月5日投開票)で、元名取市副市長の石塚昌志氏(64)が12日、無所属で立候補すると表明した。石塚氏は東日本大震災からの復興など多賀城市の将来像を見据え、自らの経歴をもとに「国や県とのパイプ役になるのが私の使命」と出馬の理由を語った。

 石塚氏は昭和55年に建設省(現国土交通省)に入省。国交省近畿地方整備局建政部長、復興庁宮城復興局復興推進官などを経て、平成26年に名取市副市長に就任。今年3月、任期満了で退任した。

 多賀城市長選の立候補表明は石塚氏が初めて。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ