PR

地方 地方

尾道・千光寺山ロープウエーの乗客数48万人、連続最多更新

Messenger

 尾道市を代表する観光スポットの一つ、千光寺山ロープウエーの乗客数が昨年度、48万8953人(前年度比7.6%増)を記録し、2年連続で過去最多を更新したと市が発表した。

 尾道水道を眼下に望む千光寺山の山頂と市街地を結ぶロープウエーは昭和32年3月に開業。当初は市営の施設だったが、交通事業の民営化に伴い、第3セクター「おのみちバス」に移行した。

 乗客数は、昭和50年代には10万人台まで落ち込んだが、平成に入ってほぼ20万人台で推移。22年度から30万人を割り込むことがなくなり、27年度に41万5271人と開業以来2度目の40万人台を達成した。

 28年度は45万4546人で、事実上の開業初年度である昭和32年度の43万351人を59年ぶりに更新していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ