PR

地方 地方

相馬の海水浴場で水質検査

Messenger

 東日本大震災の津波被害で閉鎖中の原釜・尾浜海水浴場(相馬市)で11日、今夏の再開に向けた県の水質や放射線量調査が行われた。結果は6月上旬に公表され、基準をクリアすれば、7月21日から8年ぶりに海水浴が楽しめるようになる。

 この日は、大腸菌などの数を調べるため、海水を採取したり、地上1メートル地点の空間放射線量を測定するなどした。海水の透明度をチェックした県の担当者は「問題ないレベル」と話した。

 また、海水浴場で測定された放射線量は、1時間当たり0・03マイクロシーベルトで、震災直後の平成23年8月に観測した同0・07マイクロシーベルトから半減。震災前とほぼ変わらないレベルだった。

 水質調査は、環境省の定めたガイドラインに基づいて実施され、新地町の釣師浜海水浴場など5カ所でも行われた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ