PR

地方 地方

「ウォンバット」PRマンホールお目見え 池田市、動物園まで道案内

Messenger

 大阪府池田市立五月山動物園(同市綾羽)で人気を集めている「ウォンバット」の写真が図柄になったマンホールが、同市の阪急池田駅前にある栄町商店街などにお目見えした。

 商店街入り口から動物園までの歩道約1キロに、8種類を8カ所に設置した。マンホールの直径は約60センチで、中央にはそれぞれ違う場面で撮影されたウォンバットが配置されており、開園時間(午前9時15分~午後4時45分)や休園日(毎週火曜日)などを紹介するほか、「動物園まであと250メートル」「この先の階段をのぼってください」などと道案内する文言もある。

 ウォンバットは「地上のコアラ」とも呼ばれるオーストラリア原産の有袋(ゆうたい)類。同動物園では昨年秋に新たに3匹が加わり、現在は5匹が飼育されている。市上下水道部経営企画課の担当者は「動物園の道案内とウォンバットのPRにつながれば」と期待している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ