PR

地方 地方

自分だけの時刻表作成 土浦市、個人に対応したサービス開始 高齢者に好評

Messenger

 公共交通機関を利用しやすくしようと、土浦市は4月から、個人のニーズに応じた「マイ時刻表」の作成サービスを始めた。自宅近くのバス停から、病院などよく行く場所までのバスの発車時刻や乗り換え地点、到着時刻、乗車料金などを市職員がまとめて、自分だけの時刻表を作ってくれる。パソコンの操作が苦手な高齢者を中心に好評となっている。(篠崎理)

 サービスは、昨年3月に策定された地域公共交通網形成計画の一環として開始した。これに先立つ市民アンケートでは、路線バスを利用しない理由として「便数が少ない」などが挙げられたため、土浦市は公共交通機関を使いやすい環境を整える試みとして、マイ時刻表のサービスを決めた。

 「マイ時刻表」はA4サイズで、枚数制限がないため、2、3カ所の目的地を希望する人も多い。利用者からは「バスが使いやすくなった」との声が届いているという。

 サービスを担当する市都市計画課の桜井智之さんは「乗りやすい環境をつくることで路線を守ることはできる」と他の自治体への広がりにも期待する。

 同市では今後、利用の中心となる高齢者に向けて、市からのお知らせにマイ時刻表のチラシなどを添えてPRを図る考えだ。

 桜井さんは「乗り換えがある場合、バスの接続が悪く、待ち時間ができてしまう。近くの名所やお店など、時間を過ごせる場所も紹介してサービスを向上させたい」と話している。

 マイ時刻表は、所定の申込用紙に名前や住所などを記入し、持参するか郵便、ファクスで申し込む。

 問い合わせは土浦市都市計画課(電)029・826・1111。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ