PR

地方 地方

美しい乙訓の竹林PRを ベンツが京都府にラッピング車両貸与

Messenger

 「竹の里」として知られる乙訓地域(向日、長岡京2市と大山崎町)をイメージした竹林の写真をラッピングした車両2台が、独メルセデスベンツの日本法人から府に約1年間貸与されることになり9日、府庁で披露された。

 府と同社の地域活性化協定に伴い貸与されるのは、最先端技術を搭載するコンパクトモデル「smart(スマート)」。向日市内の竹林で撮影された写真が車両両側にラッピングされ、「竹の里・乙訓」のロゴが入る。貸与は来年3月31日まで。

 この日、府庁旧本館前で行われたお披露目式では、ステファン・アルブレヒト副社長が「府内の活性化の一助となれば」とあいさつ。西脇隆俊知事は「すばらしいPRになる」と謝意を述べた。

 「もうひとつの京都」事業の一環として乙訓の観光振興を進める府は、本庁と乙訓総合庁舎に1台ずつ置き、公務やイベントなどに使っていく。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ