PR

地方 地方

神奈川知事「大変遺憾」 災害救助法改正案閣議決定

Messenger

 政府が大規模災害時の避難所運営や仮設住宅整備などの権限について、都道府県から政令指定都市に移すことを可能にする災害救助法改正案を8日、閣議決定したことを受け、黒岩祐治知事は同日、「全国知事会と政令指定都市市長会の意見は平行線のままだった。強引に法改正が進められて大変遺憾だ」と述べた。

 その上で黒岩知事は「大規模災害時に県民の命を守るため、一元化されたシンプルな体制が必須との考え方は変わらない」と強調した。

 また、小此木八郎防災担当相が「(都道府県や政令市、国などとの)協議で関係者の一定の理解は得られたと認識している」と述べたことについて、黒岩知事は「それは誤解だ。何でそんなことを言うのか。わずかでも譲ったことはなく、あり得ないことだ」と憤った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ