PR

地方 地方

永井運輸、グーグルマップとバスが検索連動 群馬県内初

Messenger

 前橋市や玉村町などで路線バスを運行する永井運輸(前橋市)は8日、路線バスの経路が「グーグルマップ」に対応し、検索可能となったと発表した。県内のバス会社では初めてという。

 公共交通機関の利便性向上を狙い、県の進める「交通まちづくり戦略」がきっかけで実現した。

 同社の運行する全9路線の運行時間などは、グーグルマップのルート検索で、「公共交通機関」を選択すると、表示されるようになった。

 これまで時刻表や経路は、紙媒体や同社ホームページ、経路検索アプリなどで確認できたが、グーグルマップに対応したことで、運行時間や運賃も瞬時に把握することが可能となった。グーグルマップは世界中で展開されているため、訪日外国人客(インバウンド)もスムーズに利用できるなどのメリットもある。

 県は交通まちづくり戦略の一環で、公共交通機関の情報を統一フォーマットで集約することで、より多くの検索サービスへ対応することを目指した「オープンデータ化」を進めている。平成30年度中に県内の全バス会社の情報を集めるとしている。

 同社は、この取り組みに協力し、調査とデータの構築を行った。

 「将来的に、どこをバスが走っているのか、リアルタイムで検索できるシステムなども開発していきたい」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ