PR

地方 地方

通潤橋が一部崩落 地震で被災、復旧中 熊本

Messenger

 熊本県山都町は8日、同町の国指定重要文化財の石造りアーチ水路橋「通潤橋」の一部が、高さ約3.4メートル、長さ約10メートル、奥行き約1メートルにわたり崩落したと発表した。平成28年4月の熊本地震で被災し、町が復旧工事を進めている。通潤橋は中央部からの放水で知られる。

 町によると崩落は、近くの店舗従業員が橋の方から大きな音を聞いた7日正午ごろとみられる。

 崩落場所は、橋のたもとに近い石垣上部の立ち入り規制区域。熊本地方気象台によると当時、周辺では1時間に約40ミリの激しい雨を観測している。工事は行われておらず、崩落と雨の関連は不明という。

 通潤橋は幕末の1854年に完成した。長さ約76メートル、高さ約20メートルで、石造りアーチ水路橋としては国内最大級。

 復旧工事は平成29年4月から始まり、年内に完了する予定で進められてきた。

 放水は、地震後は復旧作業で必要な場合を除き休止している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ