PR

地方 地方

【法廷から】大人気女性チャネラー「千さん」の脱税初公判、自分の「未来」までは…

Messenger

 だが、法廷に現れた千さんは、そんなプロフィルからはとても想像できないほど「普通」だった。ボタンを1番上までかけた紺色の細かいチェックのシャツに同じく紺色のカーディガン、黒のズボンと服装はいたって平凡。静かに手を膝に置き、うつむき気味で開廷を待っていた。

 起訴状によると、平成25~27年、千さんの年収は約4700万~5200万円程度あるにもかかわらず、市川税務署には約400万~570万円の年収があると過少に申告。所得隠しは3年間で計約1億3000万円に及ぶとみられる。

 起訴状が読み上げられると、山本被告は静かに「間違いありません」と起訴内容を認めた。

 同日行われた本人尋問によると、源泉徴収票を作成する法人から受け取った報酬については確定申告したが、相談者から手渡しで受け取った金など、源泉徴収票のないものについては申告しなかったという。

 弁護側から「なぜ所得を隠したのか」と問われると言葉につまった。改めて問われ、「納め方をよく理解していませんでした」と話した。弁護側に「老後のために貯蓄した、と(検察官の)調書にあるが」と問われると「『わからない』と言ったら、『それは認められない』といわれた」と涙を流す場面もあった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ