PR

地方 地方

洋食で訪日客おもてなし 東尋坊にレストラン 目玉は「岩場バーガー」 

洋食を提供する東尋坊の「IWABA’s kitchen」=4月19日、福井県坂井市
Messenger

 坂井市の景勝地、東尋坊を訪れる外国人客に洋食を提供しようと、レストラン「IWABA’S kitchen」がオープンした。周辺には海鮮丼を売りにする飲食店が並ぶが、近年増えている外国人客には生魚が食べられない人もおり、洋食を求める声が出ていた。観光面での飛躍が期待される北陸新幹線の県内延伸に備え、集客に力を入れる。

 レストランは土産物店を改装。米系大手コーヒーチェーン、スターバックスの略称をもじったネーミングで人気の「IWABA CAFE」(岩場カフェ)に併設された。

 県によると、東尋坊は県内最大の観光スポットで、平成26年に約118万人だった観光客が、北陸新幹線の金沢延伸後の28年には約144万人に。県全体の外国人宿泊者数も増加傾向にある。

 東尋坊でも多くの外国人が見られるようになり、岩場カフェでは、生魚を食べる習慣がなかったり日本食に飽きたりした外国人客から「洋食はないのか」と聞かれることも多くなった。

 目玉商品に「岩場バーガー」を開発。地元の肉屋に極太にひいてもらったパテで、ゴツゴツ感を表現した。他に「海の幸のパスタ」やロコモコ丼なども提供する。店内には大きな窓を設け、壮観な景色が見えるようにした。ランチを中心に営業する。

 経営者の海道要さん(57)は、35年春ごろの北陸新幹線の県内延伸について「東京と福井がつながるのはチャンスだ。国内外の客をこだわりの料理でもてなしたい」と張り切っている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ