PR

地方 地方

【私のイチ押し】鈴木農園・鈴木栄一社長 気遣い できるか見極める

Messenger

 実家が南足柄市の大雄山でミカン農家をしており、私が受け継いで以降、約35年間、苦労しながらも全国の生産農家と信頼関係を築きながらネットワークを作り、直接仕入れて手頃な価格で流通させたり、加工したりするなどの事業で発展させてきました。

 他のエリアの生産者らと人脈を構築する際、新参者で地元民ではないとなると結構、拒絶されてしまいます。ただ、一見無駄と思える人付き合いもいとわず、その人の懐に入ってコミュニケーションを深めることで人脈を築くとともに、野菜が余って困っているときこそ買い続けることで信頼を得てきました。

 当社にもどんどん新たな人材が入るようになっていますが、必ず自分に厳しく気遣いができる人かどうかを見ます。企業はいい人材が入ってくるようになって初めて好循環が生まれます。だからこそ、新たな人との出会いを大切にしています。当社は従来、廃棄してしまうような形が悪いけれどもおいしい野菜などを多く集め、割安で販売することで事業を大きくしてきましたが、この「お福分け」という考え方が成熟社会の中で受け入れられると確信しています。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ