PR

地方 地方

ユニークかき氷「楽しめた」 奈良・ひむろしらゆき祭に全国各地から有名店 

Messenger

 “氷の聖地”として知られる氷室神社(奈良市)と奈良春日野国際フォーラム甍(いらか)別館(同)で5日、全国各地の有名かき氷店が集う「ひむろしらゆき祭」が始まった。6日もかき氷の提供は午前10時から午後5時まで甍別館で。

 製氷業界の繁栄祈願や地域おこしを目的に、平成26年から同祭実行委が主催。今年は県内を中心に大阪府や愛知、岐阜県などから計22店が参加した。

 5日は氷室神社で参加各店の代表者が繁栄と成功を祈願して氷を奉納した後、かつて各地の氷室から平城宮に氷を運んだことにちなみ、同神社の神官や天平衣装の女官と一緒に、奈良春日野国際フォーラム甍別館まで純氷を運ぶ「純氷道中」が行われた。

 会場には、コーヒー専門店がつくったコーヒーゼリーのかき氷「プレジデント K」や、ニンジンの甘味と香りを加えたシロップをかけた「ミルキーキャロット」などユニークなかき氷もあり、家族連れなどでにぎわっていた。

 大阪市の会社員、杉原李菜さん(23)は「目当てのかき氷のために3時間並んだが、待った甲斐があった。(食べたかき氷には)ライスパフやもちが入っていて、普段食べるかき氷とはちがう食感を楽しめた」と話していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ