PR

地方 地方

【NEWご当地グルメ】絶えず先進「抹茶」追究

Messenger

 旧国道1号沿いに斬新な和風の外観、静岡抹茶ファクトリー「ななや藤枝店」がある。ここは明治40年創業の製茶会社「丸七製茶」(本社・静岡県島田市)の直営1号店だ。丸に七と書かれたのれんをくぐると、木をモチーフにしたナチュラルな雰囲気の店内。一番目立つ場所に置かれたショーケースに「世界で一番濃い」で人気を博した色とりどりのジェラートが並ぶ。

 創業109年。茶葉の栽培・育成から加工・商品化を主な商いとしてきた。しかし、製茶業界は昭和50年をピークに衰退の一途をたどる。その打開策として県内で初めて地産の抹茶作りに挑戦した。新茶のオンザロックなど「お茶の楽しみ方」を発信し、絶えず先進的な取り組みを展開。しかし、鈴木成彦社長(53)は「このままでは宇治抹茶に勝てない」との思いから、フェイスブックなど会員制交流サイト(SNS)への取り込みを模索し、若者を照準に情報発信した。

 平成22年に「地元の抹茶の品質の良さを伝えたい」という思いから「ななや藤枝店」を出店。静岡抹茶による生クリーム大福やまんじゅう、ロールケーキなど、次々と新作を生みだす中で登場したのが、濃さが選べる抹茶ジェラートだ。藤枝産の茶葉は濃厚さがあり、加工しても素材の味が消えないため、お菓子作りに適していた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ