PR

地方 地方

五穀豊穣願い農村歌舞伎 香川・土庄の郷土芸能奉納上演

Messenger

 香川県土庄町で3日、肥土山地区の氏神、離宮八幡神社の例大祭が営まれ、五穀豊穣(ごこくほうじょう)を祈願して郷土芸能の農村歌舞伎が奉納上演された。

 農村歌舞伎は貞享3(1686)年、同地区の田畑を潤す農業用ため池「蛙子池」の完成を祝って芝居を楽しんだのが始まりで、現在は「肥土山農村歌舞伎保存会」と同地区自治会を構成する6組が毎年の輪番で奉納上演して継承されている。今年は担当の五十軒組が3幕目を上演した。

 演目は縁起の舞「三番叟」で幕を開け、子供たちが仮名手本忠臣蔵の「三段目 松の間の場・裏門の場」を披露。主要な役を演じる女の子たちは男の所作を身につけるのに苦労したが、本番では見事に演じて拍手やおひねりで報われた様子だった。

 3幕目は当番組の「仮名手本忠臣蔵七段目 一力茶屋の場」。主君のあだ討ちを見破られないように京都で遊興にふける由良之助だが、大事を遊女のお軽に知られ急展開。大人の本格的な芝居に観客から大きな拍手が送られた。

 演目が進むにつれて露天桟敷はすっかり暗くなり、照明に照らされた舞台では織田信長を討った明智光秀の謀反を題材にした「絵本太功記 十段目尼崎閑居の場」を同歌舞伎保存会の会員らが披露。敵味方が入り乱れる愛憎劇を円熟した演技で見せて観客を楽しませた。

 桟敷では弁当を広げ、酒を酌み交わす観客も多く、昔ながらの祭りの雰囲気が満ちていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ