PR

地方 地方

フリマにダンス、よさこい… 和歌山県立体育館でふれあいフェスタ

Messenger

 フリーマーケットやよさこい、ダンスといったステージイベントなど、さまざまな催しがある「ふれあいフェスタ」が30日、和歌山市中之島の県立体育館で開かれ、県内外から訪れた多くの来場者でにぎわった。

 同体育館の利用促進を図り、災害時における同市指定の避難場所であることを知ってもらおうと、県スポーツ振興財団が毎年開催しており、今回で10回目。毎年約2千人が訪れるという。

 会場では、ステージで7団体の約170人によるよさこいやダンスなどのパフォーマンスが繰り広げられたほか、衣類や雑貨、食料品などを販売するフリーマーケット約40ブースが設置された。そのほか同体育館周辺では地元の飲食店5店舗の屋台が出店。来場者たちは気に入った商品を購入したり、ダンスに見入ったりしてイベントを楽しんでいた。

 子供服を購入した有田川町の事務員、北村彩香さん(28)は「子供服がすごく安く買えて、こういう催しはとてもありがたいです」。同財団の担当者は「イベントを機に、スポーツに限らず、県民のふれあいの場として多くの人に気軽に来てもらえたら」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ