PR

地方 地方

【静岡知事会見抄録】旅券紛失「キャンセル料は自己負担」

Messenger

 【旅券紛失】

 --知事が自宅でパスポートを紛失したため、イタリア出張に行けなかった。航空機のキャンセル料などは発生したのか

 川勝平太知事「私がパスポートを紛失し、ローマでの世界農業遺産の認定式に出席できなかったことは誠に遺憾だ。多くの関係の方々、県民の皆さまにご心配をおかけし、心からおわびしたい。旅程の変更により、航空チケットとホテル1泊分のキャンセル料が生じた。私の分と随行職員分を合わせて8万8800円になる。私の失態で生じたので全て私が負担すべきと考えるが、随行者のキャンセル料は規定により県が負担するので、(知事自身が負担すると)公職選挙法の『寄付禁止』に抵触する」

 --結局、知事自身が負担するのはいくらか

 「私の分の航空運賃のキャンセル料3万円、ホテルのキャンセル料2万3千円、合計5万3千円が確定している」

 --再発防止策はどう考えるか

 「今後、私が海外出張する際には、2週間前を目安にパスポートの現物を秘書課職員が確認する、もしくは私が(パスポートを県庁に)預ける。二度とこのようなことがないよう、組織としてしっかり対応する」

 【太陽光発電アンケート】

 「太陽光発電施設に関する市町へのアンケート結果がまとまった。55%の市町でトラブルが発生、または発生を危惧する事例があり、その場所として森林が58%を占めた。(太陽光発電施設建設に際し)森林に関するトラブルの発生事例が非常に多い実態が改めて確認できたので、今後は森林地域を対象とした環境アセスメントで具体的な対応案を示し、市町と調整したい。太陽光発電は再生可能エネルギー導入拡大の原動力であり、非常に重要ではあるが、こうした問題点もあるので地域の特性を踏まえた適正な導入を図りたい」

 --アンケート結果をどう受け止めたか

 「森林に関わることについては懸念があり、トラブルが発生している。メガソーラー(大規模太陽光発電施設)それ自体が悪ではないが、適材適所、ふさわしい場所はある。静岡県の場合、日照時間が日本でも有数に長いので、森林については環境アセスメントをしっかりする方向に持っていきたい。ただし、自分たちに任せてほしいという市町もあるので、(メガソーラーを)一律に規制はできない」(26日の定例会見)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ