産経ニュース

焼き物ファン熱視線 有田陶器市始まる

地方 地方

記事詳細

更新


焼き物ファン熱視線 有田陶器市始まる

 焼き物の街として名高い佐賀県有田町で29日、ゴールデンウイーク恒例の「有田陶器市」が始まった。さわやかな春の陽気の中、熱心に品定めする焼き物ファンや、キャリーバッグを手に店を巡る観光客らでにぎわった。5月5日まで。

 JR佐世保線の有田駅から上有田駅の通り沿い約4キロに、約450店が出店した。定価より安く販売する窯元が多く、中には半額で売る店もある。今回は、漫画家、松本零士さんが人気キャラクターのイラストを描いた皿の販売やサイン会もある。

 福岡市から毎年家族で訪れるという60代の主婦は「陶器市には10回以上来ている。やはり伝統的な器はきれい。目の保養にもなります」と笑顔で話した。主催の有田商工会議所によると、115回目となる今年は、期間中120万人の人出を見込んでいる。