産経ニュース

イオンが広島・佐伯に中四国最大級アウトレット スケートやカーリング、ボウリングも

地方 地方

記事詳細

更新


イオンが広島・佐伯に中四国最大級アウトレット スケートやカーリング、ボウリングも

 流通大手イオンの大型商業施設「THE OUTLETS HIROSHIMA(ジ アウトレット ヒロシマ)」が27日、広島市佐伯区に開業した。中四国最大級の127店で構成するアウトレットのゾーンを中核に、通年楽しめるアイススケートリンクなどを備えたエンターテインメントのゾーンもあり、地域経済の活性化や国内外の観光需要に対応した新たな“地域創生型”商業施設と位置づけている。

 敷地面積は約26万8千平方メートル。鉄骨地上2階建て延べ約7万2千平方メートルの建物に約200店が出店している。

 アウトレットのゾーンでは中四国最大級の127店(117店が広島初出店)が集結。世界を代表するインポートブランドやアウトドア・スポーツブランド、セレクトブランド、キッズ向けブランドなどの店が展開する。

 2階フロアには物販店舗に加え、フレンチスタイルのブーランジェリーカフェで本場のベーカリーが楽しめる「デリフランス」などの飲食店も営業。

 1階のエンターテインメントのゾーンでは、広島唯一の通年型アイススケートリンク「ワンダーリンク」を開設。光と音楽が織りなす幻想空間の約800平方メートルのアイスリンクで、通常のスケートだけでなく、平昌(ピョンチャン)冬季五輪で注目を集めた「カーリング」なども楽しめる。西日本最大級のトランポリンパークも併設している。

 またボウリングやカラオケ、キッズコーナー、スポーツなどを一堂に集めた総合アミューズメント施設もあり、ボウリング場には広島カープ球団をデザインモチーフにしたカープレーンも備えている。

 この日はグランドオープンの式典があり、関係者がテープカットした後、待ちわびた大勢の買い物客らが次々と入場した。イオンモールの吉田昭夫社長は「地域の皆さんや観光で訪れた方にも、何度も足を運んでもらえる拠点となりたい」と話した。