PR

地方 地方

大子で学校給食に金属片 けが人なし

Messenger

 大子町立学校給食センターは27日、町立だいご小と町立生瀬中で24日に提供した給食に金属片が混入していたと発表した。けが人や健康被害などは確認されていない。

 同センターによると、ワカメの酢の物に長さ3・5センチ、幅1センチの板バネが両校に1片ずつ混入しており、生瀬中では3年生の男子生徒が口の中に入れ、異物を感じて吐き出した。だいご小では1年生の児童が配膳(はいぜん)中に気付き、取り除いたという。

 同センターの調査で、板バネは調理に使用していたトングの部品と判明した。劣化のため破損したという。今後は調理器具の点検を徹底し、再発防止に努めるとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ