PR

地方 地方

沼津市長選は29日投開票 元市議3氏が激戦

Messenger

 大沼明穂市長の死去に伴う沼津市長選は29日に投開票される。いずれも無所属の新人で、元市議の山下富美子氏(64)▽元市議の加藤元章氏(54)▽人材派遣会社社長の渡辺大輔氏(36)▽元市議の頼重秀一氏(49)▽道路企画会社会長の土倉章晴氏(73)の5氏がJR沼津駅の鉄道高架化事業などをめぐり、激しい舌戦を繰り広げている。

 争点の鉄道高架化事業への対応は加藤、頼重両氏が推進、山下氏が反対、土倉氏は地下化、渡辺氏が中立の立場をとっている。

 選挙戦は終盤に突入し、自民と民進支部や連合静岡をはじめ、業界団体の推薦を受ける頼重氏が先行。市議選連続トップ当選などの知名度がある加藤氏と、高架化事業に反対する市民グループなどの支援を受ける山下氏が追う展開となっている。

 投票は市内64カ所で行われ、午後9時15分から市民体育館で即日開票される。21日現在の有権者数は16万7152人(男8万2148人、女8万5004人)。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ