PR

地方 地方

ラグビーW杯会場へは掛川・浜松・静岡駅からシャトルバス運行

Messenger

 ラグビーワールドカップ(W杯)組織委員会などは27日、来秋の静岡スタジアム(エコパスタジアム・袋井市)日本代表戦など4試合の観客輸送態勢を協議。観客の多くがJR愛野駅を利用すると想定し、混雑を避けるため掛川、浜松、静岡の各駅からシャトルバスを運行することを決めた。

 県はエコパ(最大約5万人)観客の大半が愛野駅から歩いて来場しており、同駅への集中を避けるため、東海道新幹線の停車3駅からのシャトルバス運行が妥当とした。

 また、会場内の駐車場は一般に開放できないため、マイカー来場者は近隣に4カ所新設する臨時駐車場からシャトルバスに乗り換える。臨時駐車場は事前予約制とし、確保できない場合は公共交通機関の利用を呼びかける。

 県は9月までにルート別の想定観客数やバス台数、運営方法といった実施計画の素案を策定する。

 来年のW杯エコパ4試合は、日本-アイルランド9月28日▽南アフリカ-イタリア10月4日▽スコットランド-ルーマニア10月9日▽オーストラリア-ジョージア10月11日。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ