PR

地方 地方

エリア絞り込み、地元密着施設に Oh!Me大津テラス、オープン

Messenger

 昨年8月に閉店した大津パルコ(大津市打出浜)の跡地ビルに、新たな商業施設「Oh!Me(オーミー)大津テラス」が27日グランドオープンする。オープン前の26日、同店で記者会見した管理運営会社の担当者らは、商圏を近隣エリアに絞り「毎日来てもらえるような施設にしたい」と話した。

 オープンを控えた26日、周辺の道路では街路樹に電飾の飾り付けが行われ、店内では入居テナントの関係者らがあわただしく開店準備を進めていた。

 記者会見には施設を所有する「アーク不動産」(大阪市)の担当者らが出席。

 同社関西事業本部の中村誠専務は、「パルコからバトンを渡された感じがする。1回でたくさんのお金を使うのではなく、毎日来てもらえるような施設にしたい」と抱負を述べた。

 ただ、道路事情が悪く駐車場も少ないという車でのアクセスの悪さや、近隣の他の大型商業施設と競合するという、かつてのパルコと同様の問題も抱える。

 こうした問題に対し、Oh!Me大津テラスは商圏を3~4キロに絞り、スーパー「フレンドマート」が1階に入店するなど、日常利用の多いテナントを配置することで「デイリー性の強い施設」を目指すという。

 また、周辺の街路樹をライトアップするなどし、人が集まりやすい場所づくりを進める。オープンカフェ設置も検討している。

 出店するテナントは42店で、このうちカフェスペース併設の「TSUTAYA BOOKSTORE」など7店が県内初出店。各テナントからは、売り上げの一部ではなく一定の賃貸料を受け取る。

 グランドオープンは27日午前10時。29日までの3日間、千円以上の買い物をした先着300人にオリジナルエコバッグと缶バッジをプレゼントする。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ