PR

地方 地方

とうかさん大祭に彩り うちわ姫3人決まる 広島

Messenger

 広島に夏の訪れを告げる円隆寺(広島市中区)の今年の「とうかさん大祭」(6月1~3日)をPRする「うちわ姫」3人が決まり、24日、市役所で会見。「とうかさんの歴史や名前の由来を伝えたい」などと抱負を語った。

 3人は、タレントの戸村有彩(ありさ)さん(22)=東広島市▽大学3年の住広風花さん(20)=広島市安佐南区▽大学1年の小原(こはら)果歩さん(18)=呉市。

 とうかさん大祭は、浴衣の着始めの祭りとして江戸時代から親しまれ、夏の病気を防ぎ、1年の安泰を願う祈祷(きとう)済みの「厄除けうちわ」でも知られる。

 今年のうちわ姫には69人の応募があり、浴衣やうちわが似合うことなどを基準に選考した。

 また、シンガーソングライターの十輝(とき)さんが今年も祭りのPRアンバサダーを務める。

 うちわ姫3人は、そろってうちわを手にゆかた姿で登場。「とうかさんの歴史や名前の由来などを伝えたい」と戸村さん。住広さんは「多くの人と出会い、自分も成長したい」、小原さんは「自分の経験にもなり、楽しいだろうなと思って挑戦することにした」などと語っていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ