PR

地方 地方

【浜松市長会見抄】大河・直虎「試算上回る経済波及効果」

Messenger

 【サテライトオフィス】

 鈴木康友市長「浜松市ではこのたび、ベンチャー企業誘致のため西区舞阪協働センター4階に『浜松市舞阪サテライトオフィス』を整備した。27平方メートルから53平方メートルまでの6部屋があり、フロアの共有スペースは市民にも開放する。全室から浜名湖が一望でき、浜名湖でマリンスポーツを楽しみながら仕事をすることが可能で、首都圏で活躍しているベンチャー企業などの利用を期待している。本日から公募を始め、審査を経て6月1日から利用が可能になる」

 --オフィスのレンタル事業は民間もやっており、民業圧迫にはならないか

 「浜名湖畔(はん)には私の知る限り他にサテライトオフィスはなく、必ずしも民間と競合しているとはいえない。この水辺環境を気に入って浜松に移り住んでこられるような社長さんもいるので、ベンチャー支援に取り組む市の姿勢を表す意味で大事だと思っている」

 --製造品出荷額で静岡市に抜かれたが今後産業振興策にどういう形で取り組んでいくのか

 「製造品出荷額が落ちたということは残念だが、大きな原因は海外生産比率が上がっていることだ。特に浜松をベースにした大手のものづくり企業はトヨタ、マツダ、スバルに比べると海外生産比率が高く、それに付随して中小も現地法人を設立して海外に出ていくという形になるので、市内での生産は減る傾向にある。ただ業績だけ見ると、どの企業も大変良い業績を上げているので税収や雇用などは決して大きなマイナスにはなっていない」

 【大河ドラマ】

 「NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』が放送された昨年1年間の経済波及効果は浜松市内で207億円、県内で248億円だったことが分かった。市が静岡県西部地域しんきん経済研究所に委託して算出したもので大河ドラマ放送前の平成28年4月に日銀静岡支店が発表した経済波及効果の試算(県全体で179億円)を大きく上回った」

 --28年の大河ドラマ「真田丸」について地元の長野県上田市は同県に200億円の経済波及効果があったとしているが

 「算出方法が同じかどうか分からないが、上田市を上回る経済波及効果を得られたことは大変喜ばしいことだし、市を挙げていろいろな方に取り組んでいただいた成果が表れたのではないか」 (3月27日の定例会見)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ