PR

地方 地方

消防団動画コンテスト、広島市に最優秀賞

Messenger

 消防団活動のPR動画コンテストを初めて実施した総務省消防庁は、最優秀賞に広島市消防局の「まちのヒーロー消防団」を選んだと発表した。

 コンテストは減少傾向が続く団員の確保に向け、消防団への理解と加入を促すのが狙い。全国の自治体や消防団から63作品の応募があり、活動の魅力を効果的に伝えられているかなどを基準に庁内で審査した。

 広島市消防局の動画は、消防団を身近に感じてもらおうと団員がダンスを披露した上で、消火や防災訓練、住民への救命講習などの活動を紹介。「自分たちの地域は自分たちで守る」とアピールし、加入を呼び掛ける。

 優秀賞は福岡市消防局の「ありがとうが聴こえる時」が受賞した。救助や消火、講習などの現場を再現したドラマ仕立て。男女の若い団員の取り組みを通じ、地域に貢献する意義とやりがいを伝えている。

 応募作品は、インターネットの動画投稿サイト「ユーチューブ」に開設した「消防庁動画チャンネル」で閲覧できる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ