PR

地方 地方

義経テーマに「京都薪能」 平安神宮で6月1、2日

Messenger

 京都市と京都能楽会が主催する「京都薪能」が6月1、2両日午後6時から、京都市左京区の平安神宮で開かれる。69回目となる今年は、神に始まり男、女、狂、鬼の順で5番を演じる能の典型的な上演方式にこだわらず、悲劇の英雄、源義経をテーマに弁慶と牛若丸の出会いを描いた「橋弁慶」など義経にまつわる演目を年代順に並べて上演する。

 1日は「橋弁慶」に始まり「烏帽子折(えぼしおり)」「船弁慶」、2日は鞍馬山に住む大天狗から兵法を授かる「鞍馬天狗(てんぐ)」「祇王(ぎおう)」「正尊(しょうぞん)」。「祇王」は、平清盛の寵愛(ちょうあい)を受けていた白拍子の祇王が心移りされる内容で、義経は出てこないが薪能のかがり火の中で女性が舞う美しいシーンを見てほしいと演目に加えた。昨年から狂言方が曲の合間に解説して好評だった「ナビ狂言」を今年も行う。

 平安神宮で19日会見した能楽会の井上裕久理事長は「京都薪能だからこそできる新しい試み。親しみやすい題材なので若い人にも能に触れてほしい」。茂山あきらさんは「京都薪能は日本で一番美しい薪能。新しい能の見方をお伝えしたい」と話した。

 5月5日には京都高島屋(同市下京区)で、20日には京都駅前地下街ポルタ(同)で、出演者による演目の一部の解説とダイジェスト版の能を披露する。6月1、2両日に雨天の際の会場となるロームシアター京都(左京区)では両日午後2時から無料の公開レクチャーを行う。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ