PR

地方 地方

台北-仙台便の乗務員がはしか 接触可能性39人確認急ぐ

Messenger

 県は20日、今月10日に仙台国際空港に発着したタイガーエア台湾に搭乗していた20代の女性客室乗務員が麻疹(はしか)にかかっており、厚生労働省からの連絡で接触した可能性のある日本在住者が計39人いたと発表した。県では連絡をとり、異常がないかどうか確認を急いでいる。

 県感染症対策室によると、この客室乗務員が搭乗していたのは台北(台湾桃園国際空港)発で10日午後6時10分に仙台国際空港に到着したIT254便と、仙台国際空港を午後7時に出発し台北に向かったIT255便の2便。客室乗務員は12日に台湾で発症、15日にはしかと診断された。

 厚労省から連絡があった39人のうち、県は20日までに6人と連絡がとれたという。4人が県内在住で、症状は出ていないという。県感染症対策室では、はしかの可能性がある場合には事前に連絡した上で、医療機関の指示に従って受診するように呼びかけている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ