PR

地方 地方

山口銀支援の留学生「日本のこと学ぶ」

Messenger

 山口銀行の支援を受けた外国人留学生3人がこのほど、山口県下関市の同銀行本店を訪れ、吉村猛頭取に来日のあいさつをした。

 3人は山銀の社員寮で生活し、学費や生活費の支給を受けながら、下関市立大の聴講留学生として1年間、経済学や文学を勉強する。

 中国・青島出身の趙超(ちょうちょう)さん(31)▽トルコのメルヴェ・ユルドウルムさん(22)▽タイのアナワット・タムスントリーさん(22)-の3人。趙超さんは青島市城陽区の職員で、ユルドウルムさんとタムスントリーさんはそれぞれ地元の大学生という。

 3人は「アニメの影響で日本語を学び始めた」などと自己紹介し、プーアル茶や伝統工芸品など、それぞれの国の土産を吉村氏に手渡した。吉村氏は「しっかり頑張ってください」と激励した。

 趙超さんは「青島には日本企業も進出している。日本のことをしっかり学んで、今後の仕事に生かしたい」と抱負を述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ