PR

地方 地方

着物姿の美しさアピール 京丹後で写真展

Messenger

 着物姿の女性らの写真を展示する「第2回 タンゴピープル写真展」が、京丹後市峰山町の同市役所1階ロビーで開かれている。丹後ちりめんなど着物を着こなした人たちの写真30枚が並び、市民らの目を引きつけている。27日まで。

 写真を撮影したのは、沖佐々木範幸さん(69)。東京でヘアメークアーティストとして活躍し、現在は同市網野町にUターンして、美術作品制作などの活動をしている。モデルは、同市内の旅館の女将(おかみ)や食堂などで働く女性らで、男性の姿も撮影した。着物が似合いそうなロケーションを沖佐々木さんが選んで写真に収めた。

 沖佐々木さんは「着物姿の美しい人を見て、自分でも着物を着たいと思ってもらえれば」と話している。

 5月3~20日は同市網野町の琴引浜鳴き砂文化館に会場を移して開催。その後、東京のお茶の水のギャラリーでも展示する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ