PR

地方 地方

自動運転、初の実用化 福島第1原発内にEVバス

Messenger

 東京電力は18日、廃炉作業が進められている福島第1原子力発電所(大熊町、双葉町)で自動運転の電気バス(EVバス)の運行を始めた。国内での自動運転EVの実用化は初めて。作業員の移動の効率化と活用ノウハウの蓄積を図る。

 バスは「浜通りのさわやかな風」に「EV」や「Ecology」「Energy」の頭文字をとり、「はまかぜe」の愛称で呼ばれる。仏ベンチャー企業「ナビヤ」が製造した定員15人のバス3台を導入。発電所入り口の「入退域管理施設」と「登録センター」を結ぶ往復2キロと、「免震重要棟」とを結ぶ往復4キロの2路線で作業員を運ぶ。最高時速18キロで1日6、7往復、約300人の輸送を想定している。運行の状況を踏まえながら、1~4号機を見渡せる高台への運行や視察への使用も目指す。

 この路線では、これまでも大型バスを運行してきたが、本数が限られており、徒歩で移動する作業員が少なくなかった。並行して導入することで、移動手段を増やすほか、早朝や深夜の勤務に当たる少人数の作業員を機動的に輸送できるようにする。また、将来的な浜通り地域での自動運転交通実用化に向け、ノウハウを蓄積するとしている。

 同社福島第1廃炉推進カンパニー廃炉コミュニケーションセンターの小林哲典所長は「新技術で効率化し、廃炉を安全かつ着実に進めたい」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ