PR

地方 地方

全国交通安全運動の期間中、大阪府内の事故・負傷者過去最少

Messenger

 春の全国交通安全運動の期間中(6~15日)に、府内で起きた交通事故は813件(速報値)で、記録が残る昭和50年以降、秋の同運動も含めて最も少なかったことが17日、府警のまとめで分かった。負傷者数も972人(同)と過去最少だった。

 府警交通部によると、期間中の道交法違反などの摘発件数は1万7607件で前年比407件の減。事故件数と負傷者数はいずれも約2割減少した。期間中の死者は前年比1人減の2人だった。

 府警は期間中の重点目標として自転車の安全利用やバイクの事故防止などを掲げ、自転車、バイクが絡む事故もともに減った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ