PR

地方 地方

重機の下敷きに 会社役員が死亡 太田

Messenger

 16日午前6時半ごろ、太田市高林南町の資材置き場で、同市高林寿町の土木建築会社役員、怒木忠彦さん(71)が重機の下敷きになっているのを、近所に住む男性(80)が発見した。怒木さんは病院に搬送されたが、まもなく死亡が確認された。太田署が詳しい状況や死因を調べている。

 同署によると、怒木さんは1人で作業していたといい、重機は重さ約4トンで、エンジンがかかった状態だった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ