産経ニュース

岡山県立森林公園でミズバショウ見頃

地方 地方

記事詳細

更新


岡山県立森林公園でミズバショウ見頃

 冬季の休園から約4カ月半ぶりに開園した県立森林公園(鏡野町)で、純白のミズバショウなどの湿原植物が見頃を迎えている。

 標高840~1100メートルにある同園は、鳥取県境付近に位置し、334ヘクタールの園内には全長21キロの遊歩道を整備。自然景観を楽しみながらのウオーキングやトレッキングが堪能できる。

 同園管理センターによると、ミズバショウは、例年より約1週間早い今月初めから咲き始め、今が見頃で、今月いっぱいは楽しめるという。また、小さな黄色い花を咲かせたリュウキンカや僧侶が座禅を組む様子に似ていることから名付けられた赤紫色のザゼンソウなども見頃を迎えている。

 矢掛町の無職、小塚登志男さん(73)と妻で主婦の留美さん(70)は「貴重な植物がたくさんあり、楽しませてもらっている。季節ごとに違った趣があり、大好きな公園」と笑顔だった。

 同園では、つえの無料レンタルを行っており「歩きやすい服装と、防寒用の上着を用意してほしい」と呼びかけている。