産経ニュース

【静岡知事会見抄録】希望と民進の合流「不毛なことで失望」

地方 地方

記事詳細

更新

【静岡知事会見抄録】
希望と民進の合流「不毛なことで失望」

 【メガソーラー計画】

 --伊東市八幡野の山林に大規模太陽光発電所(メガソーラー)を造る計画が、県森林審議会で2度目の継続審議になったが

 川勝平太知事「委員が公正な観点に立って真剣に審議していると敬意を表している。今回、データの不正確さも指摘され、疑いを晴らさない限りまともな審議はできない状況だ。書類に間違いがなく、手続き上瑕疵(かし)がなければ進めるというのが従来の審議会のあり方だったが、例外が2回続いている。今回の計画は、現状の法規制の下ではどこにも瑕疵のない形で進められている。森林審にかけるための書類自体には問題がない。その中で、データの不正確さが分かった。今、データの改竄(かいざん)ほど日本国民に問題視されていることはない。もし改竄ということであれば、民間業者が作ったものであっても許してはならない。現場での調査に大変関心を持っている」

 「再生可能エネルギーは重要で、静岡県は日照時間が非常に長いので、太陽光発電を進めてきた経緯がある。それが大きな問題を引き起こすことは、個々の問題になって初めて分かるものだ。一方で、太陽光発電を活用していい場所もある。県では3月末まで市町を対象にアンケートを取り、今分析を行っている。それを踏まえて、まず県の方針を決めたい」

 【野党再編】

 --希望の党と民進党が合流する方針を固めたが

 「一言で言えば、失望している。民進党から分かれて希望の党を作って、また戻り、それで政権を取っていこうという。離合集散をまだやっているのかという感じだ。そしてなかなかまとまらない。与党もそうだが、野党も不毛なことをしているなと失望している。しっかりやってくださいとエールを送りたいが、本県出身の国会議員の先生方が深く関わっているので、心配している」

 【聖火リレー】

 --2020年東京五輪の聖火リレーの都道府県別割当日数で静岡県に3日間が配分されたが、ルートはどう考えているか

 「3日間の聖火リレーというボーナスが降ってきたことを大変喜んでいる。みんなが納得でき、喜んでもらえるようなルートになりさえすれば、どこを通らなければダメだということはない」 (10日の定例会見)