PR

地方 地方

川崎の国道15号でひき逃げ 容疑の会社員を逮捕

Messenger

 15日午前1時ごろ、川崎市川崎区南町の国道15号で、乗用車が同区の男性(20)をひいて逃走した。川崎署員らが付近を捜索し、約20分後に現場近くの同市幸区の路上で目撃情報と特徴が似た不審車両を発見。運転手の男が関与を認めたため、自動車運転処罰法違反(過失致傷)と道路交通法違反(不救護・不申告)の疑いで逮捕した。

 同署によると、逮捕されたのは埼玉県宮代町百間の会社員、松本裕之容疑者(39)。「会社をクビになるのが怖かった」などと供述しているという。被害男性は現場の路上で寝込んでいたとみられ、足の骨を折るなどの重傷。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ