PR

地方 地方

虐待から子供守ろう 高松キワニスクラブが啓発活動

Messenger

 子供らを虐待の被害から守ろうと、社会奉仕団体の高松キワニスクラブ(佐野正会長)は15日、高松市のショッピングセンター「ゆめタウン高松」で児童虐待防止の啓発活動を行った。

 会員や国内唯一の中学生クラブの大手前丸亀ビルダーズクラブの生徒ら約30人が参加。買い物客らに「児童虐待に気づいたら連絡を」などと声をかけながら、子ども女性相談センター(電)087・862・8861などの連絡先が記されたカードに湿布薬がついた啓発グッズ約2千個を配った。子供連れにはキワニスマーク入りの風船も手渡した。

 佐野会長は「児童虐待に対して関心を持っている人は多いと感じた。(われわれの)運動が虐待防止に貢献できるようになればいい」、ビルダーズクラブの森涼葉さん(13)は「緊張したけど、いい経験ができた」と話した。

 啓発グッズを受け取った買い物客らは「虐待のニュースは心が痛む」、「人ごとと思わずに連絡したい」などと話していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ