PR

地方 地方

リアルの動物との触れ合い体験 オービィ横浜が改装

Messenger

 セガホールディングス(東京)が運営するエンタメ施設「オービィ横浜」が、動物と触れ合える屋内型パークとして大幅リニューアルオープンした。

 同施設は平成25年に開業。迫力ある映像コンテンツで自然を体感できたが、今回はこれに加えて、実際に珍しい動物などに触れ合える各種スペースを新設し、よりリアルな体験ができるようになった。カピバラなど珍しい動物たちが動き回る中を回遊できる「アニマルガーデン」をはじめ、12種20匹の猫とゆっくり遊ぶことができる「キャットパラダイス」などを新設。屋内だが脱臭装置を充実させており、臭いは気にならない。

 森隆之館長は「映像のデジタルと動物のリアルを調和して、ライブ感をお届けする施設になっている」とアピール。従来のファミリー層のほか、カップルや大人の女性ら幅広い層の来場につなげたい考えだ。

 料金は、入館料が大人800円、中高生500円、小学生300円など。全ての有料コンテンツも自由に楽しめるパスポート料金(入館料込み)は大人2200円、中高生1800円、小学生1500円など。開館時間は午前9時~午後9時(金土日祝と祝前日は午後10時まで)。問い合わせは(電)045・319・6543。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ