PR

地方 地方

大衡村の東北新幹線高架橋からモルタル片4個落下

Messenger

 JR東日本仙台支社は14日、大衡村の東北新幹線仙台-古川間の第2大衡高架橋下で、モルタル片4個、計約6・5キロ(最大重量約6・4キロ)が落ちているのが見つかったと発表した。同支社は、高架橋下部から約15メートル下に剥がれ落ちたと確認。長年の列車振動や雨水などの浸透が原因とみられるという。けが人や列車への影響はなかった。

 同支社によると、同日午前10時20分ごろ、高架橋下付近の田んぼで発見した人からの連絡で判明。最大片は24センチ×16センチ×7センチ。剥落した周辺を点検したが、他に剥落の恐れはないという。同高架橋は昭和57年に建設、昨年8月の点検ではすぐに措置が必要な所は認められなかったという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ