産経ニュース

たんとう花公園でチューリップまつり開幕 色とりどり100万本咲き誇る

地方 地方

記事詳細

更新


たんとう花公園でチューリップまつり開幕 色とりどり100万本咲き誇る

10万本のチューリップを使った作品「ふらいんぐ玄さん」=豊岡市但東町 10万本のチューリップを使った作品「ふらいんぐ玄さん」=豊岡市但東町

 但馬の春を彩る「たんとうチューリップまつり」が14日、豊岡市但東町畑山のたんとう花公園で始まった。今年は開花が早かったため、18日からの予定を繰り上げて開幕。色とりどりに咲き誇る約300種100万本の花が人々を迎えている。今月下旬まで。

 約200アールの広大な花畑を会場にした同まつりは27回目。約10万本のチューリップで入園者を魅了する毎年恒例のフラワーアートの作品名は「ふらいんぐ玄さん」。来月、コウノトリ但馬空港に就航する新型機と同市のキャラクター「玄武洞の玄さん」を組み合わせたデザインで、高さ5メートルの展望台から一望できる。

 訪れた家族連れは「とてもきれいで子供も大喜び。早く咲いたと聞いていたので来て良かった」と花畑を散策していた。

 但東シルクロード観光協会の淀逸郎会長は「チューリップの開花に合わせてオープンを早めた。花と遊んでほしい」と話している。

 午前9時から午後5時まで。入園料は高校生以上700円。問い合わせは同協会(電)0796・54・0500。