産経ニュース

「調和検討すべきだ」 長野知事、ちびっこ相撲で協会に再考求める

地方 地方

記事詳細

更新


「調和検討すべきだ」 長野知事、ちびっこ相撲で協会に再考求める

 大相撲春巡業の「ちびっこ相撲」で、女子児童の参加が認められない事例が各地で相次いでいる問題で、阿部守一知事は13日の記者会見で、「伝統文化と今日的な要請とをどう調和させるか、しっかりと検討する時期に来ている」と述べ、日本相撲協会側に再考を求めた。

 県内では、10日に開かれた伊那市の「伊那場所」、11日には東御市で「雷電場所」が行われた。その際、同協会から事前に、「ちびっこ相撲」で女子児童を排除するよう、主催者側に要請があったという。