PR

地方 地方

境内彩る雅楽とライトアップ 和歌山・丹生都比売神社

Messenger

 世界遺産・丹生都比売神社(かつらぎ町上天野)で、「雅楽演奏とライトアップの夕べ」が開かれた。本殿などのライトアップも行われ、幻想的な雰囲気が境内を彩った。

 神前で衣装をまとった女性たちが琴や笛で雅楽や浦安の舞を奉納。ライトアップされた楼門や輪橋などを撮影する参拝者らの姿も見られた。

 夫と訪れた大阪府和泉市の主婦、小川保枝さん(59)は「間近で雅楽や舞を眺めるのは初めて。美しい音色と舞に感動しました」と話していた。

 ライトアップは5月3、4日と、6月9日、7月7日、8月25日、9月15日にも実施予定。5月3日には打弦楽器のハンマーダルシマーの奏者、木下加寿子さん、4日にはビオラ・ダ・ガンバの奏者、吉田一美さんらによる演奏会がそれぞれ行われる。ともに午後6時半から。

 問い合わせは同神社(電)0736・26・0102。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ